スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老人内科は医師募集だ。イレッサ拒否。

老人内科医師の募集は、抗癌剤副作用被害救済制度を本格検討へ
政府、イレッサ訴訟の和解勧告を拒否
B型肝炎訴訟は老人内科医師の和解案を募集しながら受け入れ。
前立腺癌と診断され前立腺全摘除術を受けた患者の生存率は非常に高い。だが、術後に尿失禁を経験する患者は多い。米Alabama大学 Birmingham Center for AgingのPatricia S. Goode氏らは、尿失禁が術後1年を超えて継続している患者を対象に無作為化試験を行い、老人内科医師は募集行動療法の有効性を確認した。8週間の介入で得られた利益は、少なくとも12カ月後まで認められたという。論文は、JAMA誌2011年1月12日号に掲載された。
急性期脳梗塞治療用デバイスとして、血栓を物理的に回収するデバイス「Merciリトリーバルシステム」が、2010年10月に保険収載され、実臨床で使用できるようになった。同老人内科デバイスは募集医師、t-PA療法の適応外や無効の患者が基本的に使用の対象となるが、t-PA療法が効きにくいと予想される募集患者に第1選択として使用することを計画する老人内科医師も出てきた。
スポンサーサイト
プロフィール

naikadoctor

Author:naikadoctor
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。